実用新案の新規性審査

中国知財

中国と日本とでは実用新案に対する考え方が若干異なっています。日本では実用新案権を活用するには特許以上に細心の注意を払う必要があるため、比較的使いにくい制度とも言われており、年間1万件程度の出願がそれを証明しています。しかし、中国では昨年は74万件も出願されており、これは権利が無効になりくいため積極的な活用が比較的しやすいからとも言われています。これまでは事実上無審査で登録されていた実用新案権ですが、新規性の審査がされるようになりました。中国の知財への取り組みもいよいよ量から質への時代になってきたようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました