中国知財

中国知財

中国市場への進出

中国市場は元気が無くなったと言われていますが、それでも中間所得層の増加により発展し続けている巨大なマーケットは非常に魅力的です。特に、中間所得層以上に属する中国国民は日本製品について高品質で安全、衛生的であると感じ、ブランド力が高いと認識...
中国知財

中国意匠制度

最近の中国訪問は上海と広東省が多かったのですが、久しぶりに北京に来ております。さて、本日開催されたJETRO知財セミナーでは、SIPO意匠部の担当者による中国意匠制度についての講演がありました。そして主なトピックとして、意匠の初歩審査、類...
中国知財

広州市でのジェトロ知財セミナー

少し前になりますが広東省広州市においてジェトロ主催の知財セミナーが開催されました。中国にもジェトロが事務局となって日系企業間の知財問題対応や情報交換を行う中国IPGというグループがあり、SEIRYUコンサルティングも準会員として登録してい...
中国知財

特許審査事情

国家知識産権局(SIPO)は北京に位置しますが、中国に特許出願された案件はすべてSIPOの審査官が審査しているのでしょうか?答えはNoです。中国では爆発的に増大している特許出願に対応するため、SIPOの下部組織として専利審査協作中心(セン...
中国知財

中国先駆け商標登録対策セミナー

今月の上海出張に併せて、24日(木)に行われたJETRO上海主催の「中国先駆け商標登録セミナー」に参加しました。JETROがこのようなセミナーを開催した背景には、現実に日系企業の多くがこの種の商標問題に遭遇している現状があるのでしょう。中...
中国知財

司法鑑定センター訪問

先日の広州出張中に、广东省专利信息中心知识产权司法鉴定所(司法鑑定センター)の冯所長ら幹部メンバーと、広東省における知財訴訟・司法鑑定等についてディスカッションを行う機会を得ました。広東省以外の裁判所からの鑑定依頼も多いそうで、特許権侵害...
中国知財

行政摘発による模倣品対策

1か月程前に、日本のある企業が行政摘発を中国の行政当局に請求し模倣品の没収や販売業者に処罰が決定されたことがニュースになりました。日本ではあまり報道されませんが、このように日系企業が中国の模倣品対策として行政摘発を用いるケースはよく見られ...
中国知財

職務発明

企業にとって中国事業を拡大すると中国国内での開発に発展し、従業員が職務で発明をするようになってきます。そこで企業としては職務発明規定を整備する必要がありますが、まだまだ十分に整備されていない日系企業が多いように思われます。そこで企業として...
中国知財

商標法の改正

中国商標法の改正案が昨年8月に可決され、今年5月に施行されることはご存知の方も多いと思います。例えば、本改正により一商標多区分制が導入され、日本国商標法と同じようになった制度もあれば、音声商標のように、日本ではまだ未導入の制度も導入されま...
中国知財

実用新案の新規性審査

中国と日本とでは実用新案に対する考え方が若干異なっています。日本では実用新案権を活用するには特許以上に細心の注意を払う必要があるため、比較的使いにくい制度とも言われており、年間1万件程度の出願がそれを証明しています。しかし、中国では昨年は...
タイトルとURLをコピーしました